新婚夫婦

挙式の時期

式場の風景

結婚式は申し込んですぐに出来るものではありません。
混んでいる時期には予約するのも大変です。それ以上に大変なのはその準備です。
新郎新婦はウェディングの際に様々な事を決定していかなければなりません。
挙式、結婚式、両方行うのか、行うならどの式場にするのか、そもそも日本でやるのか、式自体の事はもちろん、当日着る衣装の事や、アクセサリー、会場のお食事や音楽に引き出物まで、選択と決定の連続です。
ウェディングをする新郎新婦がまず行う事は、結婚式の日取りを决める事です。
結婚式の日は一般的に、大安吉日が良いと言われています。
しかし最近ではあまりこだわりなく選ぶ新郎新婦も多いです。
新郎新婦が良くても、信心深い人の中にはよく思わない人もいるので、大安以外の日を選ぶ場合は、目上の親族などに一度相談しておくのが無難だと言えます。

ウェディングのベストシーズンは、人によって、バラバラです。
しかし、大安吉日に、新しい人生の門出を迎える事を希望する人は非常に多くいます。
縁起の良い日だからこそ、ちょっとしたことにまでこだわりを持って、ウェディングをしたいと考える人は多いのです。
そうした所が、日本人の良い所と言っても過言ではありません。
しかし、現在ではそうした事にこだわりを持たない人も増えてきています。
自分が良いと思ったシーズンや日に式を挙げることが、何よりも大切です。
縁起にこだわり過ぎて、式が先延ばしになってしまうといったような事になってしまうと、色々と問題が発生する場合もあるのです。