新婚夫婦

様々なウェディング

うつむく女性

ウェディングと一言で言っても、その種類は実に様々です。
まず、ウェディングの挙式としての種類は、大きく、「教会式」、「神前式・仏前式」、「人前式」といったタイプがあります。
「教会式」は最も多いと言われる、キリスト教式に教会やホテル・式場のチャペルで挙げる方法です。
「神前式・仏前式」は日本に古くからある結婚式の方法です。神社などで行う人前式スタイルは日本の皇室の結婚式などが代表的な例です。仏前式は僧侶により行われ、宗派によっても式の流れが異なります。
「人前式」は宗教色のない結婚式で、列席者全員が立会人となります。

ウェディングは一般的に挙式と披露宴の2部構成になっています。
挙式は、神前式や人前式といったタイプがありますが、披露宴は基本的に自由です。
新郎新婦の結婚を祝うという意味があり、身近な親族や友人、また仕事や生活の中で深く関わる関係者お招きし、ごちそうを振る舞うものです。
披露宴は自由度が高く、新郎新婦らしさを出せる場とも言えます。
その行われる場所も、専門の結婚式場や、ホテル、またゲストハウスやレストランでアットホームに行う事もあります。
挙式や披露宴は必ず行わなければならないものではなく、どちらか一方だけ行うというウェディングも珍しくありません。
新郎新婦の要望や、また親族などの要望によって決まります。